0120-257-406無料相談はこちらLINE無料相談

火災保険適用での外壁修理事例をご紹介

横浜市片倉町のお客様宅での外壁雨漏れ部のタイル補修

  • Beforeビフォー
  • Afterアフター
  • 保険対応風災
  • 状態強風による棟板金の変形・床材に打痕及び傷
  • 修繕箇所外壁
■エリア横浜市片倉町
■施工内容既存タイル撤去後に下地補修を行います。
雨漏れが発生していた為、腐食してしまっている外壁部分をすべて撤去致しました。
外から確認するよりも進行していた為、予定よりも大きめにやり替えが必要になってしまいました。
タイル面の雨漏れの場合は既存のタイルを撤去→下地やり替え→防水紙やり替え→ラス網貼り付け→左官→タイル貼り付け
■工期3週間

外壁雨漏れによるタイル補修施工風景 

その他、火災保険申請箇所

スタッフコメント

タイル部からの雨漏れはこのような工程になり、サイディングやモルタル壁の補修にくらべてコストも時間もかかります。また雨漏れ箇所の特定も難航しやすいです。
コストも時間もかかる分、仕上がりは他の外壁では味わえないリアルな高級感が感じとれるがタイル仕上げ外壁のメリットです。
今回は劣化が原因の雨漏れだった為、お住まい全体を調査し保険適用できる箇所を徹底的に探しました。劣化による雨漏れでは火災保険適用は出来ないからです。
屋根の板金部分と家の中のフローリングで火災保険適用箇所を発見し、お客様からのヒアリングを元に保険申請を実施、その保険金の一部を雨漏れ補修にあてました。 (雨漏れの補修が至急必要だった為)
保険適用箇所の補修は後日改めての実施予定になります。

ページトップへ戻る