0120-257-406無料相談はこちらLINE無料相談

火災保険適用での屋根修理修理事例をご紹介

屋根の破損を火災保険で修理し屋根塗装|横浜市都筑区

  • Beforebefore(屋根塗装)
  • AfterAfter
  • 保険対応風災
  • 修繕箇所屋根修理

屋根の破損修理と屋根塗装の流れ

スタッフコメント

風害によって板金がめくりあがると、中に入っている貫板の腐食のスピードが大幅にあがります。貫板の腐食は屋根の破損につながり、その結果雨漏れが発生します。
貫板の素材は木材の為、水に触れない状況でも屋根上の過酷な状況に置かれている為屋根塗装工事の際は塗装と同時に交換をお勧め致します。
今回は強風によって板金がめくれておりましたので、足場の費用と貫板の交換費用が火災保険会社からの保険金で賄う事ができ、屋根全体の定期的なメンテナンスが破格で実施する事が出来ました。
施主様からも、火災保険適用で「ここまで出来るとは知らなかった」と大変喜んでいただけたので、いつも以上に嬉しい完工になりました。ご依頼ありがとうございました。

ページトップへ戻る