0120-257-406無料相談はこちらLINE無料相談

火災保険適用での修理可能箇所

※火災保険で可能な修繕内容は各々の契約によって異なります。

屋根

屋根

火災保険を適用する事で屋根や雨樋の修理が可能になります。例えば、台風によって屋根瓦が破損や欠損した場合や屋根が原因で雨漏りが発生した場合も適用されます。修繕方法としては屋根の吹き替えや屋根塗装などが行われます。また、テレビアンテナへの被害も補償の対象に含まれる場合があります。

外壁

外壁

建物の外壁への被害も火災保険の対象になります。外壁の破損、ひび割れ(クラック)している箇所に対して外壁塗装、コーキング(シーリング)修理、あるいは壁面の張替えをして修繕します。その他、窓ガラスや雨戸にも適用される可能性があります。

水回り

水回り

火災保険に「水漏れ」が付帯されている場合、キッチン・台所、洗面台、浴室の水道管や給水タンク、給湯ボイラー、浄化槽、スノーダクトなどの配管設備の故障、トイレなどの水漏れによって損害を受けた床、壁、天井に対して保険が適用されます。

屋内

屋内

大雨などによって雨漏りが起き、室内の壁、天井に雨がしみ込んだという場合に修繕が可能になります。また、契約内容によって家財が破損・汚損した場合にも適用されます。家財には家電、家具、衣類などが含まれます。

屋外

屋外

ベランダ、バルコニー、外構、外の塀、フェンス、ガレージ、カーポートの修繕が可能になることがあります。例えば、台風によってカーポートの柱にキズがついた場合にも適用されます。破損した箇所の取替え、あるいは塗装の塗り替えによって修繕されます。

ページトップへ戻る