0120-257-406無料相談はこちらLINE無料相談

火災保険適用での雨樋修理修理事例をご紹介

「神奈川区のお客様」火災保険を活用して歪んだ雨樋を新品に交換

  • Beforeビフォー
  • AfterAfter
  • 保険対応雪災
  • 修繕箇所雨樋修理

雨樋交換の作業の流れ

火災保険認定箇所

スタッフコメント

関東降った大雪で一番被害が多かった雨樋が半月雨樋で、〇を半分に切ったような形の物です。2番目に多かった形状が外から雨樋を吊っているタイプのものになります。
一番丈夫だったのが内側から吊りなおかつ四角い断面の雨樋なのですが、このPanasonic製のPC50と軍配のDL55 セキスイのΣ90とE70は四角い断面でも非常に被害の多いかった種類の雨樋になります。
特に今回のように中に鉄の板を備えている雨樋は、強度はあるのですが柔らかくない為、一度に一気に力が加わると大きく外側に変形してしまいます。
雪などが滑落する時に雨樋に負担をかけると変形してしまうのは、それが原因になる事が大変多いです。
もちろん雪の被害ですから、火災保険に加入していれば保険金の請求が可能です。

ページトップへ戻る