0120-257-406無料相談はこちらLINE無料相談

火災保険適用での雨樋修理修理事例をご紹介

劣化した破風板の板金巻と雨樋交換を、火災保険を活用して実施|横浜市保土ヶ谷区

  • Before雨樋before
  • AfterAfter
  • 保険対応雪災
  • 修繕箇所雨樋修理

雨樋の交換・修理作業風景

火災保険認定箇所

スタッフコメント

破風板は住宅の外側の中で一番劣化速度が速い場所になります。通常塗装工事をされても、破風板や幕板といった劣化が異常に早いところは保証もされません。それだけ劣化速度が速い場所なのです。原因は素材がボードや木材である事から、膨れや剥がれが起り易い為なのですが、それを塗装で解決するだけの画期的手法は今も確立されておりません。塗装の代わりとなる一番の解決方法は板金巻です。一番の劣化原因となる太陽光 2番目の原因となる雨から破風板自体を保護してしまう事です。その保護する材料がガルバリウム鋼板です。亜鉛メッキ鋼板の一種のガルバリウム鋼板の耐久年数は25年と試験結果が発表されております。これは通常10年といわれている塗装の耐久年数の約2.5倍もあります。通常破風板の補修はそれだけで工事の依頼がくる事はございません。それは板金設置に足場が必要だからです。その代わりに足場があれば比較的安価で施工可能です。是非足場設置の際には、メンテナンスの頻度の多い破風板板金をメンテナンスの回数が特別少ないガルバリム鋼板で巻いてみてください。

ページトップへ戻る