0120-257-406無料相談はこちらLINE無料相談

火災保険適用での雨樋修理修理事例をご紹介

雪の重さで歪んだ雨樋を火災保険で修繕|横浜市

  • Beforebefore
  • AfterAfter(アフター)
  • 保険対応雪災
  • 修繕箇所雨樋修理

雨樋の撤去後・設置前画像

火災保険適用箇所

スタッフコメント

豪雪地帯での雨樋と違い、関東平野部の住宅の雨樋は吊具の一つ一つの間隔が広い施工になっています。大雪が降る事を想定していないからです。
平野部での大雪は想定していない自然災害ともいえます。自然災害が起因して起きた破損は火災保険で修繕できる事がほとんどです。今回のお客様のように雨樋が変形してしまい、水が溜まってしまっているのに普段気付かれていない方はまだまだ数多くいらっしゃいます。
沢山の方が適切に保険を利用出来るよう今後もお手伝いさせて頂きたいと思っております。

ページトップへ戻る